テクノロジー・イノベーションセンター 高根沢 悟 2007年入社
外部交流と日本への貢献ができる仕事を
ダイキンにキャリア採用として入社する前は、日本にも研究開発拠点をおく外資系企業に勤務していましたが、外部とはほとんど技術交流がありませんでした。日本には、技術を持った企業や大学が多くあるのに、残念に思っていました。また、研究成果が挙がるようになって来ると、競合他社が日本企業である事に複雑な思いを抱くようにもなりました。躍進を続けている日本企業のダイキンであれば、やりがいも大きいに違いないと思い、キャリア採用での転職を決意。また、騒音・振動低減における専門性が活かせるフィールドがあることも決め手になりました。 特に求めていたわけではありませんが、ダイキンの面接で、どこか人間臭く温かいものを感じ、それも魅力に感じました。
協創で実現する、静かな圧縮機
ダイキンにキャリア採用として入社して以来、一貫して圧縮機の騒音・振動低減を担当、圧縮機開発に必要な要素技術や基盤技術の開発に取り組んでいます。圧縮機の音振動に関する現象は、構造・音響・流体・モータ・ロータと機械騒音の全般に及んでいて、思いのほか広い範囲を扱っています。したがって、関わる領域は広大です。社内には私以外にも騒音低減の専門家がいますが、以前は異なる事業所に分散していました。それが2015年11月、TIC(テクノロジー・イノベーションセンター)ができて一か所に集結。専門家同士の協創はより日常的なものとなり、広い範囲の現象を扱いやすくなりました。外部の知見を入れることにも積極的となり、研究開発は大きく加速しそうです。
経営も技術開発も躍動的でチャレンジング
ダイキン工業の魅力は、ダイナミズムだと思っています。キャリア採用として入社後も、M&Aの手法などを駆使した大胆な戦略により、みるみる成長を遂げてきました。「変化につぐ変化」とは社内でよく耳にするフレーズですが、日常的にそれを実感しています。
テクノロジー・イノベーションセンター 小泉 美子 2012年入社
新分野に挑み、自らの成長につなげたい
ダイキンのキャリア採用に応募した理由ですが、何よりも、フッ素というこれまでに触れたことのない素材に興味がわきました。大学なども受けていましたが、すぐにダイキンから返事をいただき早々に決断を迫られることに。迷いがあると正直に言うと、「再度面談しましょう」という温かい対応ぶりで、人を基軸におく経営の一端に触れた思いでした。実際の面談の場では具体的な研究の進め方を聞き、不安が解消。大学で後進を育て日本の科学の発展に少しでも貢献したいという希望に対しては、「それはダイキンでもできる」というアドバイスをいただき、完全に心が決まりました。後進を育てるためには自分自身がもっと成長しなければならない。ダイキンはそれができる会社だと思えたことも、キャリア採用での入社を決めた大きな理由ですね。
会社にも自分にも新しい医療分野への挑戦
近年、注目されている再生医療や創薬(バイオ医薬品)分野などで使用する培養基材の表面を改質し、生体由来物質の接着を自在にコントロールできるようにする研究を、担当しています。既存のものには大気中では劣化しやすいのですが、フッ素化合物を使えば品質が安定し、培養細胞の分化を望ましい方向に誘導する機能なども付加できるかもしれません。ダイキンにキャリア採用として入社してからは特許や文献を調べるところからスタートし、夢中で駆け抜けてきました。今では、大学の先生に助言や評価がいただけるレベルとなり、昨年11月に立ち上がったTIC(テクノロジー・イノベーションセンター)の研究テーマにもなりました。始めた以上は必ず形にするという決意で、全力投球の毎日です。
業界標準となる製品で医療の未来を拓く
昨年、ポーランドでの国際学会に出席し、再生医療の分野が国内だけでなく世界中で熱いテーマとなっているのを実感しました。
空調営業本部 テクニカルエンジニアリング部 原田 真也 2008年入社
技術力と社風に魅かれ、迷いなく決断
前職では、暑熱職場の環境対策から新工場の建設プロジェクトまで幅広く経験させてもらいました。ところが、入社9年目に会社が買収され、所属していた施設部門も縮小されることに。そのまま仕事を続けることは可能でしたが、これを転機に、新しいことに挑戦してみたいという思いが芽生え、転職を志しました。 ダイキン工業を選んだのは、それまで施主の立場でおつきあいがあり、技術力を高く評価していたからです。ダイキンであれば、まさにベストな空調をお客様にご提案することができる、ぜひ提案したいと思い、キャリア採用として入社することに迷いはありませんでした。もちろん、“人を基軸におく経営”という言葉に象徴される、人を大切にする社風も大きな魅力でした。
関連他部門と共に、ビルの省エネに貢献
ダイキンにキャリア採用として入社してからは、営業支援やグループの販売会社、エンジニアリング会社の技術力強化を担う部署に所属し、これから育てていきたい技術を中心に担当しています。現在力を入れている技術の一例が「エネルギーマネジメント」。ビルの設備にセンサーの目を張り巡らせ、建物全体の省エネや設備管理を行います。ビルにおいて最もエネルギー消費が大きい空調の制御に強みを持つダイキンは、エネルギーマネジメント技術により、お客様の省エネや設備管理に大きく貢献することができます。今後、国を挙げてZEB(ゼロエネルギービル)の実現が進められていくなかで、不可欠な技術でもあります。社内の複数関連部門と連携して議論や勉強会を重ね、最終的にお客様のご満足を勝ち取るプロセスは、刺激と喜びにあふれています。
挑戦意欲さえあれば、自然に道が開ける
ダイキンにキャリア採用として入社し、着任したその日にお客様への提案に向けての資料づくりを任され、自発性や個々の意欲を大切にする仕事の進め方を実感しました。
DAIKIN
MID-CAREER
RECRUITMENT
  • Check